豆乳 “白もの”が成長牽引 新しい切り口の商品も続々

豆乳市場は、ボリュームゾーンである調製豆乳が拡大している上に無調整豆乳が大幅伸長し、今年1―9月も成長を維持している。昨年足踏みした豆乳飲料も今年に入り再び上昇基調にある。生産量は08年から右肩上がりで11年から過去最高を更新。15年に30万tの大台を突破し16年には31・4万tとなった。昨年から今年にかけて新機軸の商品が数多く投入されていることから今年も連続成長が見込まれる。

(10月25日付本紙より一部抜粋)