お好み焼きの魅力を発信 都内でポップアップストア オタフクソース

オタフクソースは、10月10日の「お好み焼の日」に合わせ、お好み焼の魅力を伝える活動を東京を中心に展開した。7~10日の4日間限定で東京・六本木にお好み焼のポップアップストア「OKO STAND(オコスタンド)」をオープンし、4~10日の1週間限定で同社初の全国規模でのTVCMを投下。10日には東京と広島で「お好み焼の日」特別体験教室を開催した。さらに10月1日から12月31日まで東京都内のお好み焼店とタッグを組んだ「東京お好みラリーキャンペーン」を実施中だ。

同社は5月に「オタフクヘルシー宣言」を発表。それ以降、「お好み焼はヘルシー食」の認知を広げる活動を全国で展開してきた。同社の調査によると、関東などの東日本では全国平均に比べ「健康的な料理」「ヘルシー食」という認識が低いという。そのため、東京を中心にさまざまな取り組みを進めてきたが、「お好み焼の日」に向けても東京を中心にお好み焼の魅力を伝える活動を展開した。

4日間限定のポップアップストア「OKO STAND」では、野菜たっぷりでヘルシーなお好み焼をさらにヘルシーに、かつかわいらしくアレンジした「10種類の具材たっぷりのカラフルオコタワー」(税込み500円)と「ジュージュー焼野菜のふわふわオコバーガー」(各日100個限定、500円)を提供した。

CMについては、見た目がカラフルなお好み焼をおしゃれな一品として女子会で楽しめる「女子会編」、キャベツ、コーン、ニンジンなどの野菜がたっぷりなお好み焼を家族団らんで楽しむ「家族編」を投下。

東京と広島の特別体験教室では「10種類の具材たっぷりカラフルオコタワー」などの特別メニュー作りを体験してもらった。

「東京お好みラリーキャンペーン」は東京都内のお好み焼店109店舗を対象に実施中。野菜たっぷりでヘルシーなお好み焼をお好み焼店の本格的な味で楽しみながら、スタンプを集めて応募してもらうキャンペーンで、スタンプの数に応じ、豪華賞品を抽選でプレゼントする。

同社は5日、ゲストにダレノガレ明美さん、尼神インターさんを招き、ポップアップストアのオープン記念イベントを東京・六本木で開催した。佐々木直義社長は「お好み焼は野菜たっぷりで、栄養バランスが良い、ヘルシーなメニュー」と指摘。「関東では若い女性を中心に健康的ではないというイメージもあるが、野菜たっぷりで、おしゃれなお好み焼を披露し、そのイメージを変えていきたい」と語った。