スープ レンジ対応、チルド、冷製…各タイプで市場深耕

家庭用スープ 市況

本格需要期を迎える家庭用スープ。さまざまなシーンで利用されるスープは、フレーバーや具材、食べ方のレパートリーも広がり市場は堅調に推移。市場の中心を占める粉末インスタントのみならず、レトルトやチルド、冷製、缶詰など各メーカーの持ち味や得意領域を生かした製品が相次いで投入され、それぞれ活発な需要開拓が行われている。

(10月9日付本紙「家庭用スープ特集」より一部抜粋)