中田食品 産学連携の商品開発 鍋物用途で梅干し需要を喚起

梅干トップの中田食品は27日、全国のイオン各店でストレート鍋つゆ「梅豆乳鍋つゆ 梅なでしこ鍋」を発売開始した。梅花女子大学の学生が考案した商品で、同大学と中田食品、凸版印刷が共同で行った産学連携ワークショップにより実現した。鍋の〆に梅干をプラスした梅チーズリゾットを提案し、売場活性化とともに梅干需要の喚起を図る。

(9月29日付本紙「つけもの版」より一部抜粋)