チーズの機能性訴求加速 ひと振り“カル足し”提案

粉チーズ需要拡大も視野

「カルシウム不足の日本人に警告を。毎食たったの5gで、今日から『カル足し!』」をテーマとする「クラフト 100%パルメザンチーズ 毎食手軽に新健康習慣 パルメザンで『カル足し!プロジェクト』」がそれだ。

着目したのは「1日に必要な摂取量は650㎎だが、平均的な日本人は150㎎足りない」(齋藤忠夫東北大学大学院農学研究科教授)というカルシウム。

「カル足し」=「粉チーズひと振り(約5g)で、カルシウム約50㎎が摂れる」(森永乳業)という点をアピール。定番のパスタに加え、サラダ、みそ汁、焼そば、パン、うどん、カレー、煮物、アイスクリーム等々、1日3回毎食ごと、メニューのどれかにパルメザンチーズを“ひと振り”してもらうことで、1日当たりのカルシウム不足分150㎎を手軽に補ってもらおうという考え。

(9月18日付本紙より一部抜粋)