機能性食品市場確立へ 300社、1千件超えで

機能性食品 市況

「記憶力」で受理数拡大 スポーツ系クレームも

健食市場の成長を担う機能性素材の開発はここ数年、機能性表示制度の施行に合わせて進展してきた。施行以降の2年間は、メーカー、販社、受託企業ともに届け出および受理数を増やすことで、新制度への対応を進め、競合他社に先駆けて市場における企業の存在価値を示してきた。3年目を迎えた今年は、受理企業が300社を超えトータル受理数も1千件に到達。ヒット商品も徐々に誕生しており、市場は次のステップに向かうタイミングを迎えている。

(9月13日付紙面から一部抜粋)