CVS17年7月度 国内店舗数5万8192店 ローソンが3ケタの月間純増

本紙集計による有力CVSチェーンの17年7月末時点の国内店舗数(速報ベース)は、前月比149店増の5万8千192店となった。セブン-イレブンの純増数が前月に比べ拡大。ローソンでも提携中堅チェーンの看板替えを推進、100店超の月間純増となった。

上位3チェーンの増減状況はセブン―イレブン50店増、ファミリーマート5店増(FM241店増、CKS236店減)、ローソン109店増、ミニストップ5店増。ファミリーマートのブランド転換については当月が241店。取り組みに着手してから10か月で転換店は2千店を超えた。

なお、JR東日本リテールネットの駅ナカCVS「ニューデイズ」が当月から集計基準を変更。従来CVSでカウントしていた極小CVS店舗を「ニューデイズ キオスク」に転換し、キオスク管轄に移管した。整合性を取るため、6月度の店舗数を新基準でカウント(507店→491店)し、当月との増減を記している。 

(9月6日付本紙から一部抜粋)