ダイドー&ファンケル「大人のカロリミット」共同開発第2弾

大人のカロリミット 玉露仕立て緑茶プラス
大人のカロリミット 玉露仕立て緑茶プラス

ダイドードリンコは23日、9月18日に発売するファンケルとの共同開発商品第2弾となる機能性表示食品「大人のカロリミット 玉露仕立て緑茶プラス」の新商品発表会を行った。昨年11月に発売した「大人のカロリミット はと麦ブレンド茶」は発売8か月で2千万本を突破するヒット商品となっており、糖茶飲料最大のカテゴリーである「緑茶」新商品を投入し市場の活性化を図る。シリーズ2品で今年度(17年2月~18年1月)百万ケースの出荷を目指している。

同シリーズは健康関連分野に強いブランド力を持つファンケルと飲料開発および流通チャネル展開力を持つダイドーがコラボした商品。ファンケルの「カロリミット」シリーズは年間売上げ約75億円の人気サプリメント。他社の脂肪系トクホ茶飲料は購入者の半数以上が男性だが、“「はとむぎブレンド茶」はカロリミット”のブランド力もあり女性購入者が65%と高く、これまでと異なるファン層を獲得したと考えられる。緑茶飲料は購入者の7割が男性で、新商品の投入により新規女性ユーザーの獲得が期待される。

「玉露仕立て緑茶プラス」は9種類の緑茶葉を高温と低温の2種類で抽出してブレンドし、サプリメント素材としてギムマネシルベスタ、桑の葉、鳩龍緑茶、ブラックジンジャーを加えている。さらに機能性関与成分として難消化デキストリンを1本当たり5g配合した。

緑茶市場では苦みが少なく、旨みやコクの強い商品が主流となっているが、機能系緑茶は苦みの強い製品がほとんど。「玉露仕立て緑茶プラス」は旨みとコクのあるにごり緑茶で、味と機能性の両方にこだわる消費者の選択の幅を広げることが期待されている。