口腔内で初の機能性表示 オハヨー乳業「ロイテリヨーグルト」

オハヨー乳業が9月19日に関東エリア1都8県で先行発売する「ロイテリヨーグルト」(110g、税別150円)が、日本初の口腔内に関する機能性表示食品として消費者庁に届け出を受理された。

「ロイテリヨーグルト」は口腔内フローラを良好にし、歯ぐきを丈夫で健康に保つ機能が報告されてるロイテリ菌(L.reuteri DSM 17938株)を2億個含む機能性ヨーグルト。同社では「歯ぐきの健康が気になる方に適した商品」として訴求していく考え。

ロイテリ菌は世界90の国と地域で利用されている。国内でも過去、同菌を活用したヨーグルトが商品化されていたが、はっ酵制御が難しいことなどもあり、これまで国内では定着していなかった。