レシピ動画をリアル体験 食品企業とコラボ料理教室も

「親子で時短クッキングイベント」
「親子で時短クッキングイベント」

デジタルマーケティングを現実の体験と結びつける試みが多くない中、レシピ動画サイト「もぐー」を運営するスタートアウツは企業とコラボするなどして料理教室を開催している。

テーブルマークなど大手食品企業がマーケティングの一環として「もぐー」を利用することが増えており、共同で教室を開催することも多い。メーカーにとっては参加者の反応を見る機会となるという。今月にはキユーピーが運営するサイト「モリモール」とタイアップした教室も予定している。

8日には子供とおでかけ情報サイト「いこーよ」を運営するアクトインディとタイアップした「親子で時短クッキングイベント」を開催。子供の夏休み期にストレスとなる昼食の解決策として、時短レシピ「ジャンボ餃子」と「フルーツスムージー」を伝授した。「もぐー」企画担当の木戸寛惠氏を講師として10組ほどの親子が参加した。

普段はお手伝いをしないという子も熱心に取り組み、これからは「お手伝いもしたい」と目を輝かせた。親からは「時短でストレスなく子供との料理で満足度が高い」との声が上がっていた。