バルデコ 名古屋駅西口に新業態ビアガーデン

スペインバルやワイン食堂、ラーメン店などを手掛ける名古屋地盤の外食チェーン・バルデコは1日、「スパニッシュ&グリルBeer Garden THE EDGY」を名古屋駅西口にオープンした。

橋本尚明社長(バルデコ)
橋本尚明社長(バルデコ)

2027年のリニア開業など、新たな発展が見込まれる同エリアに注目。新たな形のビアガーデンで挑む。橋本尚明社長もオープニングレセプションで「われわれが街を変えていこうと大それたことは言えないが、変わろうとしている中にわれわれも飛び込んでいきたい」と決意を述べた。

新店は『大人のお洒落な都心ビアガーデン』をコンセプトに、都心リゾートを演出。テラス席では名駅摩天楼をバックに食事を楽しめる。席数はテラス席を含め120席を用意。

フードメニューは生ハムやパエリアなど、得意分野であるスペイン料理と炭火焼きを中心に提供。ドリンクは、ビールやワイン、泡モノのほか、フルーツを丸ごと使ったオリジナルカクテルなどを取り揃えている。

初年度売上目標は8千万~1億円。平均客単価は2千500~3千円の想定。“中部エリア初名古屋発信”にこだわり、名古屋レストラン文化の先端・最新を表現していく。