雪印メグミルク 「コト消費」に対応 「チェダースライス」投入

9月1日発売のスライスチーズ「チェダースライス」(雪印メグミルク)
9月1日発売のスライスチーズ「チェダースライス」(雪印メグミルク)

雪印メグミルクは3日、「健やかで彩りのある暮らしを、ミルクで!」をキーメッセージとする家庭用の2017年秋季新商品・改良品44品(乳食品10、市乳34)を発表した。

食のダイバーシティ〈多様性〉、メリハリ消費、「コト消費」への関心が高まるなか、“食シーンを華やかに彩るアイテム”を投入するとともに、“健康意識の高まり対応するアイテム”を強化。多様化する消費スタイルに応えていく。

“食シーンを華やかに彩るアイテム”の一押しが9月1日発売のスライスチーズ「チェダースライス」(7枚、税別340円)。チェダーチーズを100%使用した彩り豊かなチーズ。そのまま食べるという用途に加え、料理やデコレーションメニューの素材にうってつけ。SNSで共有が盛んな「デコ弁」「萌え断」(食べ物の断面に萌える)などでの使用も念頭に置いた。10月から投入予定のテレビCMでは、「つくろう!おうちーずバーガー」をテーマに、ファミリー層にアピールしていく。

デザートタイプ6Pチーズ「Cheese SWEETS Journey」の第3弾「3種のベリーとヨーグルト風味のチーズスイーツ」(108g、税別300円)を9月1日から発売する。今回は北欧がテーマ。フィンランドの「マルヤラブカ」というベリーを混ぜたチーズのムースからヒントを得て開発した。乳製品のコクと3種のベリー(ブルーベリー、ラズベリー、クランベリー)の甘酸っぱさが織りなす上品な味が特長だ。

“健康意識の高まり対応するアイテム”の目玉は9月5日に発売する「プルーンFe 1日分の鉄分のむヨーグルト カロリーオフ®」(190g、税別105円)。現行「プルーンFe 1日分の鉄分のむヨーグルト」と比較し、カロリーを25%オフした。不足しがちな鉄分1日分をおいしく補給できるカロリーオフタイプののむヨーグルト。“カロリー&甘さ控えめ”をキーワードに、メーンターゲットである20〜40代の女性に訴求していく。

「恵megumiガセリ菌SP株ヨーグルト」は、機能性表示前(2015年8月)と比較し売上高が7倍以上に拡大しているが、今回、現行品のミルク感のあるおいしさはそのままに、甘酸バランスを調整することで毎日続けやすい風味に改良。引き続きテレビCMによる間口拡大(トライアルユーザー獲得)、乳酸菌セミナーなどによる奥行拡大(ロイヤルユーザー育成)、ブランドキャンペーンなどを通じたファン育成(ロイヤルユーザー化)を進め、さらなる拡売を目指す。

チルドボトル乳飲料「BOTTLATTE」シリーズには新フレーバー「キャラメルマキアート」(400㎖、税別160円)を追加、9月26日から発売する。キャラメルソースを使用した本格派で、ほろ苦く香ばしいキャラメルの風味がと特徴。ラインアップを拡充することでユーザーの選択肢を広げる。