米プレミアムビール取得 北米事業の拡大目指す サッポロHD

アンカー・ブリューイング・カンパニー サッポロホールディングス

サッポロホールディングスは3日、米国のアンカー・ブリューイング・カンパニー社の全持ち分を、アンカー・ブリュワーズ&ディスティラー社から取得する契約を締結。プレミアムビールメーカーであるアンカー社を傘下に収め、米国ビール事業のさらなる拡大を目指す。持ち分譲渡日は8月31日。取得は新たに米国に設立する子会社を通じて行われる。

サッポログループは26年までの長期経営ビジョン「SPEED150」でグローバル展開を推進。基盤である北米と成長著しい東南アジアを重点エリアに位置付けた戦略を展開している。特に米国ではサッポロブランドがアジア発のビールとして30年以上にわたり売上No.1を継続しており、さらなる伸長に加え、新ブランド獲得による事業の拡大を検討してきた。

アンカー社は1896年、サンフランシスコで設立された有限責任会社。2016年販売数量175万ケース(355ml×24本換算)、売上高約3千300万米ドル。