顧客満足度No.1へ 国分グループ本社 社長 國分晃氏に聞く

国分グループ本社 社長 國分晃氏
国分グループ本社 社長 國分晃氏

今年3月、26年にわたり社長を務めた國分勘兵衛氏(現会長)に代わり、国分グループ本社社長に就任した國分晃氏。副社長時代に自ら策定を指揮した第10次長期経営計画(16~20年度)の遂行に向け、多忙な日々が続く。人口減少を引き金に食のサプライチェーンが激しく揺れ動く中、46歳の若きリーダーは創業305年の超老舗をどこに導こうとしているのか。初のロングインタビューをお届けする。

――社長就任から4カ月余が経過しました。改めて抱負を聞かせてください。

國分 やはり、進行中の第10次長期経営計画を確実に実行していくことが一番大切だ。本計画では食のマーケティングカンパニーとして顧客満足度ナンバーワン企業になることを掲げている。この目標に向かうことで広く社会に機能し、貢献する会社にしていく。加えて新しいことにも積極的にチャレンジする。わが社の創業305年の歴史は先達の挑戦の賜物だ。その姿勢に学び、自力で活路を切り拓く集団、企業にしていかなければならない。

(8月7日付本紙より一部抜粋)