炭酸飲料 夏本番で上昇基調 “ニア炭酸水”増加傾向

19日、関東甲信、中国、近畿、東海地方で梅雨明けが発表され、炭酸飲料のマーケティングが本格化している。1~6月の炭酸飲料市場はほぼ横ばいと推定されるが、夏場に一時的に炭酸カテゴリーに流入する非炭酸飲用層は500万人以上いるとされ、真夏日や猛暑日が続くにつれ上昇基調にある。新商品も多く投入され、直近のトレンドとしては、近年急成長している炭酸水の新商品や、甘さを極力抑えて炭酸水に近づけた“ニア炭酸水の新商品”が増加傾向にある。

(7月24日付本紙より一部抜粋)