ポッカサッポロ 豆乳ヨーグルト市場へ本腰

コレステロールなどがたまってできたプラーク(血管のコブ)が破れると、血管に血栓(血の塊)ができ血流が完全に途絶えて心筋梗塞や脳梗塞が起こる。医学博士の池谷敏郎氏は、この前兆のある人は心筋梗塞者全体の15%程度と指摘し「いかに症状がない段階でプラークをつくらないように、また大きくならないようにすることが大事」と警鐘を鳴らす。

ポッカサッポロフード&ビバレッジはこのような外部環境や高まる健康・美容ニーズをとらえ、豆乳ヨーグルト(乳酸発酵豆乳)市場の確立に本腰を入れ市場規模を現在の30億円から200億円に引き上げる。

同社のトクホ商品「ソヤファーム豆乳で作ったヨーグルト」は、4種の生きた乳酸菌と豆乳由来の大豆イソフラボン、大豆たんぱく質を一度に摂取でき、血清コレステロールを低下させる働きがある。10年ぶりにデザインを刷新して19日に発売開始し、この機能価値を広報活動と店頭訴求活動で訴求していく。