赤城乳業「ガリガリ君」 サマーコレクション

萩原史雄マーケティング部長(赤城乳業 ガリガリ君 サマーコレクション)
萩原史雄マーケティング部長(赤城乳業 ガリガリ君 サマーコレクション)

赤城乳業は12日、初夏から真夏にかけて発売されるガリガリ君シリーズの紹介と試食を兼ねた「ガリガリ君サマーコレクション」を紀尾井ガーデンシティで開催した。今回も主役はガリガリ君アイスで、人気タレントやアイドルなどの登場がない地味な発表会だったが、ネット系のニュースサイトを含めマスコミ約40社ほどが集まり、改めてガリガリ君の話題性や人気の高さを示していた。

16年度のアイスクリーム市場は約4千900億円となり、10年度比で21%増と好調な伸びを見せている。しかし、観測史上最大の猛暑となった10年度の7~8月と16年度の同期を比較すると8%増で、値上げもあったため物量ではマイナスと思われる。この間の伸びは下期需要の拡大が牽引車となっていることは明らか。夏の王者「ガリガリ君」を持つ赤城乳業としては、改めて夏への積極姿勢を打ち出したもの。

5月17日からは「ガリガリ君・リッチレアチーズ味」を発売。最近注目を集めているスイーツ系のかき氷をイメージし、かき氷の中にレアチーズとレモンソースを入れコクのある味わいに仕上げた。29日にはポケモン映画20周年とタイアップした「ガリガリ君リッチチョコチョコ」と「すいか」を、6月初旬に「梨」のマルチ、7月にはシングルを発売、また8月にはこれまでにないプロモーションを用意している。

萩原史雄マーケティング部長の話 5月はGWが高温に恵まれ業界は10%増以上、弊社は30%増で推移している。昨年「ガリガリ君」が25年ぶりに値上げした際のお詫びCMの評価が高く、消費者が選ぶ「JAA広告コンクール」でグランプリを受賞するなど、海外を含め7つの表彰をいただいた。実際の値上げに関してもお叱りより、よく25年間頑張ったという激励の声が多く、16年度は6%減を予測していたが皆さまのお陰で11%増で終えることができた。

感謝の気持ちを込め2月から新製品を発売した。桔梗屋信玄餅とのコラボレーションで山梨県を活性化するため「信玄餅」、3月には熊本地震復興応援のため、1本当たり数円の寄付金を集める「九州みかん」を発売した。4月には「グリーンスムージー」にチャレンジ、高い壁に阻まれたが今後も頑張りたい。また、これまで苦手だった大人の女性を意識し、4月にジェラート食感の大人なガリガリ君マンゴーを発売している。これから最需期にかけても怒濤の新製品ラッシュを展開していくので、楽しみにしていただきたい。