FOOMA JAPAN 2017 6月に東京ビッグサイトで

前回の会場の様子(FOOMA JAPAN 国際食品工業展)
前回の会場の様子(FOOMA JAPAN 国際食品工業展)

日本食品機械工業会は6月13~16日、東京ビッグサイト・東1~8ホールで“食の未来への羅針盤。”テーマに「FOOMA JAPAN 2017(国際食品工業展)」(事務局=TEL03―3583―6139)を開催する。食品機械の最先端テクノロジーや製品、サービスなどを通じ、「食の技術が拓く、豊かな未来」を提案するアジア最大級の総合トレードショーである。

1978年の初開催から40回目を迎える今回は、新設の東7~8ホール(約1万5千㎡)を加え会場面積が約1・3倍に拡大。出展社は新規84社を含む過去最大の775社(共同出展社含む)。食品製造プロセスの自動化や効率化、省力化、高品質化を図る最新鋭の製品や最先端技術、ロボット、ビッグデータを活用した品質管理、IoTを活用した効率的な生産システムなどを展示。普段は目にすることのできない実機のデモンストレーションやパフォーマンスなども加え、製品・サービスの特徴を分かりやすく紹介する。

また国際化への取り組みを積極的に推進し、中国、台湾、デンマークの3か国がパビリオンを出展するほか、海外バイヤーを招いての「JETRO商談会」を実施。輸出・投資など日本企業の海外進出を支援する「グローバルスペース(東8ホール内)」には世界13か国から15の駐日大使館、機関・団体などが出展。有力市場の動向や投資環境など企業が海外に進出するために必須の最新情報を提供することで、ビジネスをグローバル市場に結び付ける。さらにイベントステージではグローバルスペース出展社および関係海外機関によるミニセミナーを開催する。

一方、期間中は出展企業が自社の製品や技術、サービスなどについて説明する出展社プレゼンテーションセミナー、各大学・研究機関・学会の研究発表、セミナー、シンポジウムなどを多数開催。新たなJAS規格の活用方法を開設する「農林水産省FOOMA特別講演会」、世界的ブランドに成長した日本酒「獺祭」の旭酒造・桜井博志会長の講演、元ビーチバレー選手でタレントの浅尾美和さんの「公開インタビューイベント」などは見逃せない。

(5月17日付本紙「食品関連機械・資材版」よリ)