家庭外コーヒー CVS品質に照準 おいしさの提案が活発化

家庭外コーヒー CVSコーヒー

外食店や小売店、オフィス、ショールームなどの家庭外コーヒー市場への提案が活発化している。CVSコーヒーの拡大が発端。スーパーや非外食店で集客ツールとしてコーヒーを導入する動きが顕著になるとともに、既存の喫茶店やカフェでは、CVSコーヒーの品質を上回るべく新マシンや新システムを導入して品質向上を図る動きが強まっている。

おいしいコーヒーの提供には産地や焙煎に加えて鮮度が重要であり、鮮度があるうちに売り切ることがコーヒービジネスの要諦となる。この点、サプライチェーンや管理システムが整っているCVSやチェーン店は比較的無難に展開しているようだが、個人店は近年、難しい舵取りを迫られている。CVSコーヒーなどと差別化を図るべく高品質豆を仕入れても一定期間売れなければ廃棄というリスクがつきまとうからだ。

この鮮度保持といった問題を含めて、大手各社は提案を強化している。

(一部抜粋)