乾麺も健康志向? 

乾麺 健康志向

今年もそうめん、ひやむぎの季節がやってきた。昨夏は天候不順で苦戦した地域もあったが、年間を通して見れば前年並み以上を達成した乾麺メーカーは多かった模様。ただ、若年層を中心に年々乾麺離れが進んでおり、新規ユーザー開拓が課題だ。

▼中小が多い業界だけに画期的な新商品はなかなか出ない。しかし、ここ数年は国産原料が人気となり、原産地を限定した商品も登場。地元の小麦原料を使用した商品などは量販店の地域MD強化も手伝って売場の活性化に貢献している。

▼昨今の健康志向の高まりから、多くの食品で健康を意識した商品発売が目立つ。糖質制限、グルテンフリーダイエットなども話題だが、乾麺にとっては辛いところ。

▼しかし、最近は一部のメーカーで健康志向への対応も進んでいる。無塩を筆頭に全粒粉、グルテンフリー、ノンオイル、難消化性でんぷん使用などの商品化が進んでおり、検討中のメーカーも多い。売れ筋は伝統的な乾麺に変わりないが、時流に合わせ、若者も含めた幅広い層に受け入れられる商品開発が必要になっている。