健康寿命延伸の可能性 中鎖脂肪酸と地場食材で

日清オイリオグループ、鈴鹿市など研究報告

日清オイリオグループと三重県鈴鹿市、鈴鹿医療科学大学は3月29日、鈴鹿市役所で健康寿命延伸に関する産学官連携協定の取り組み、「さあ、きっともっと鈴鹿。健康プロジェクト」の成果報告を行った。3者は昨年2月に同協定を締結し、鈴鹿市民の協力を得ての大規模研究などを実施。その結果、中鎖脂肪酸を含む多様な食材を摂取することで健康寿命を延伸する可能性があることが示唆された。

プロジェクトでは

①地場産食材の認知向上と利用促進
②中鎖脂肪酸を取り入れた食生活での鈴鹿市民503人による栄養状態向上の取り組み
③中鎖脂肪酸を取り入れた食生活の基礎的研究による機能性解明
④中鎖脂肪酸を取り入れた食生活での認知症罹患者の栄養改善検証

の4つがテーマ。

取り組みの目玉は45~79歳の市民503人の協力を得ての大規模研究。約1か月間、健康に良いと言われる10種類の食材と中鎖脂肪酸を含む食品(メモリオン)を毎日食べる食生活を推奨し、前後の変化を調査。また60~79歳の98人には推奨前後の血液分析、認知機能検査を実施した。

その結果、摂取食材数が1週目の7.6種類から4週目には7.9種類に増加。血液分析ではタンパク質合成促進・分解抑制の作用を持ち、神経細胞保護に働く「IGF―1」、赤血球の「MCV」「MCH」「MCHC」の数値が推奨前後で有意に増加。認知機能検査でも良好な結果が得られ、健常者の一部の認知機能や身体機能の低下を抑える可能性が見いだされた。

日清オイリオグループでは「今後も取り組みを通じ、食生活で健康寿命の延伸につながる可能性について1メーカーとしてバックアップしていく」(高柳利明常務執行役員)考え。

このほか、鈴鹿市食生活改善推進協議会に対する料理教室、公募による健康レシピコンテスト、同大学保健衛生学部医療栄養学科の中東真紀准教授が監修し健康に良いレシピ集作成などを実施。レシピには日清オイリオグループの「ヘルシーリセッタ」「ココナッツオイル」を使用した。

また、同大学の薬学部薬学科では低栄養マウスを使った基礎的研究を行い、中鎖脂肪酸による脳内炎症抑制効果を見いだした。今年度は取り組みを継続、発展させ、「小売店との連携による普及、料理教室を通じた一般市民への普及啓発活動を実施していく」(末松則子市長)方針だ。