縦型カップ麺に大型新商品 東洋水産「MARUCHAN QTTA」

東洋水産 MARUCHANQTTA マルちゃんクッタ

きょう27日、東洋水産が縦型カップ麺新製品「MARUCHAN QTTA(マルちゃんクッタ)」(SHO―YUラーメン、SEAFOODラーメン、TONKOTSUラーメン、各税別180円)を全国で新発売した。

「縦型カップ麺の新たなスタンダードを目指す」(同社)と意気込む「MARUCHAN QTTA」は、他の世代と比較してカップ麺の喫食率が低いとされる若年層(10~20代)がメーンターゲット。「若い世代を応援するカップ麺として、(若い世代に)なくてはならない存在を目指す」(同)考え。

即席カップ麺で最大の構成比(約27%=1150億円)を占める縦型カップ麺市場は、トップブランド「カップヌードル」(日清食品)が君臨し、他社ブランド、PBなどが群雄割拠しているが、“ゆっくり味わって食べる縦型カップ麺”という新たな価値を提案することで、既存商品との差別化を図っていく考えだ。