日清フーズ「ディ・チェコ」強化 業務用IQFバラ凍結「ペンネ」など

日清フーズはイタリア産パスタ「ディ・チェコ」のブランド展開を強化する。今年は「ディ・チェコ」の取り扱い開始から35周年の節目。本場イタリアの伝統と品質にこだわったプレミアムパスタとしてブランド展開を強化し、家庭用・業務用での展開をさらに広げる。

業務用向けでは「ディ・チェコ」の冷凍パスタを発売する。ロングは「ディ・チェコ№11スパゲッティーニ」「同№7リングイーネ」(各220g×5食、4×2合)、「同№9カッペリーニ」(180g×5、4×2)の3品。いずれも「ディ・チェコ」の原麺を使用しホテル、レストラン、カフェなど幅広い業態に提案する。

ショートではIQFバラ凍結の「同№41ペンネリガーテ」(500g×12×2)を投入。ドライ品では12分のゆで時間をわずか30秒に大幅短縮。メニューや客層・提供時間に応じた適量使用を実現し、ロス削減にも貢献する。また、グラタンなど加熱メニューでは凍ったまま調理できるメリットもある。

忙しいランチタイムのオペレーション効率化や、アルバイトでも調理可能な再現性、ロス削減に加え、「ディ・チェコ」を使用した高品質なメニュー作りをサポートし、調理現場の課題解決につなげる方針。

「ディ・チェコ」は家庭用も好調に推移しており、17年度も家庭用・業務用合わせて10%増を目指す。

https://www.sbfoods.co.jp/freshherb/profile/fh027.html