「グルテンフリーダイエット」の誤解

健康食品の中でグルテンフリー食品がにわかに注目されている。グルテンを摂取すると何らかの疾患が出るなど、主に小麦アレルギーの人向けとして出回ってきたが、最近ではダイエットととらえる向きもある。

▼北米のセレブがグルテンを抜くことで体調が良くなることをこぞって紹介したことで話題となり、最近ではセルビア出身の男子プロテニスプレイヤーであるジョコビッチ選手がグルテンフリーの食事を実践していることを明かし、世界ランク1位に上り詰める原動力になったことを紹介。日本でもモデルやタレントがグルテンフリーダイエットを推薦するなど、話題となっている。

▼そもそもグルテンフリーダイエットは、グルテンアレルギーなど疾病患者のための食事療法のことだが、一部では「グルテンフリー=痩せる」と間違って認識されており、アレルギーのない人にも売れているのはそのためか。

▼米国ではFDAがグルテンフリー表示の規則を制定しており、CODEXでも表示の基準を設定している。やがて日本でも認証制度の動きが出てきそうだ。