食品容器環境美化協会 環境美化教育優良4校を表彰

東会長「全国活動のモデルに」

公益社団法人食品容器環境美化協会は、このほど東京都台東区西浅草の浅草ビューホテルで「第17回環境美化教育優良校等表彰事業」の表彰式を開催。文部科学大臣賞を受賞した東京都杉並区立杉並第八小学校をはじめ、農水大臣賞(岡山県山陽女子中学校地歴部)、環境大臣賞(石川県七尾市立小丸山小学校)、協会会長賞(広島県福山市立中条小学校)の計4校の代表者を表彰した。

これは環境美化教育を継続的に取り組み、地域の環境美化に大きく寄与している小・中学校を各都道府県の推薦によって選出し、表彰するもの。表彰式に先立ち東隆会長は、「優秀校は地域の人に高く評価され、これが全国津々浦々の学校活動のモデルになるよう願っている」とあいさつ。表彰式に続いて受賞校の美化活動の様子をインタビューやスライドで紹介しながら、生き生きと取り組む生徒や児童、教師の思いなどを披露した。