“マツコ効果”反動なし 堅調の冬アイス

マツコデラックス 冬アイス

昨年12月のアイスクリーム市場は、前年同月比で2%減で着地し業界関係者は一様に戸惑いを見せている。15年12月はマツコデラックスの番組でアイスクリームが取り上げられたこともあり20%増と大きく伸び、その反動から2ケタ減も覚悟していたからだ。

▼「冬アイス」が注目され、コンビニなどがこぞって濃厚な食感を持つ高額なアイスクリームを留型、NB問わず積極的に品揃えしたことが要因だが、それにしてもほとんど前年並みと言える数字にはみんなが驚いている。

▼流行りの機能性を謳った商品は皆無、カロリー始め何かをカットした商品も絶無、ひたすらおいしさと安らぎの快楽系だけを追い求め、コンビニでは全てが定価販売でびた一文負けることもない。まるで冬アイス自体がコト消費になったようだ。

▼2年前のアイスクリーム協会会長の就任式で、市場規模5千億円も夢ではないという挨拶を聞いたとき、誰もが就任式に相応しい景気のいい話しだくらいに思っていたが、今期は4千970億円での着地も見えている。あと30~40億円で景気づけの話しが現実となる。