卵・乳・小麦を使わない菓子 香川から全国へ 禾

香川県の株式会社 禾(のぎ)は、小麦粉を使わず、県産の米粉を使った焼菓子を製造し、ノンアレルギー商品を求める消費者からの支持を集めている。

もともと乳製品と卵を使わないクッキーを作っていたが、2011年に東日本大震災の被災地に支援物資として届けた際、「小麦を使わないものもできないか」という声があったことから、試行錯誤を繰り返しながら開発。卵も小麦粉も乳製品も使わない菓子の商品化に至った。

「おこめのおかし」として、あられクッキー、みそれもんクッキーなどをシリーズ化する。「こうした商品を探し求めている人は多く、徐々に広がっている。もっと広く知ってもらうことで『助かる』と言う人が増える」(久保敏彦セールスマネージャー)。

12月には伊藤忠食品が大阪本社で開いた地域産品の商談会に参加。米糀の甘酒を使ったマドレーヌなどをアピールした。

この商品が入ったギフトセットは、伊藤忠食品の「香川セレクション」のカタログにも選ばれている。