外食に定着“イタリアン” 高級店からカジュアルまで、メニュー支える豊富な食材

今や食にすっかり溶け込んだイタリアン。街のカフェやレストランではイタリアンメニューが雨後のたけのこ状態で増えている。人口減少や高齢化などもあり、食品市場は供給過剰の激戦区だが、消費者は常に新しい食を求めており、これがイタリアンと合致し、引き続き市場は拡大の一途をたどっている。

(11月16日付本紙「イタリア食材特集」より一部抜粋。このほか各食材や関連企業の動向を紹介しています)