三輪そうめん感謝祭 ブランド力強化に取組む

三輪そうめん感謝祭
三輪そうめん感謝祭(三輪明神・大神神社)

奈良県三輪素麺工業協同組合(池側義嗣理事長)と奈良県三輪素麺販売協議会(池田利一会長)は8月30日、奈良県桜井市の三輪明神・大神神社で三輪そうめん感謝祭を行った。今シーズンのそうめん商戦が無事に終了したことを神前に報告するもので両団体の関係者、桜井市の松本正剛市長らが出席し拝殿で祈祷と巫女の舞が捧げられた。神事の後、拝殿前地元の婦人会によるそうめん音頭が披露された。

池側理事長は今年度の販売状況について、「ゴールデンウィーク明けは気温も高く好調だったが、6月に入り少し伸び悩んだ。7月も関東の梅雨明けが遅れたことなどから少し減少した。その後気温は上がったが思ったほど売上が伸びなかった」と説明。また、3月に三輪そうめんが農水省の地理的表示保護制度の登録産品としてGIマーク(地理的表示)の認定を受けたことに触れ「今後は三輪そうめんと表示するすべての商品にGIマークを付けることになった。他産地との差別化、偽装品の排除、ブランド力の強化につなげたい。更に6月に桜井市の地域ブランド”大和さくらい”ブランドの認定を受けた。桜井市からは多額の補助金を頂いており、産官連携した取り組みが進んでいる」と話した。

池田会長は「昨年1月から業界で一致団結してこれまでできなかったことも実現できるようになった。7月1日に大阪・グランフロントでそうめんの試食とサンプリングを行い大盛況だった。これからの業界はお客様の視点に立って、産官金融が一層連携する必要がある。来年には、三輪で第2回そうめんサミットが開催される。すでに実行委員会が発足し準備を行っているが、三輪にしかできないイベント、参加者に喜んでいただける事業としたいので協力をお願いしたい」と呼びかけた。

当日は6月に行われたそうめん品評会の表彰も行われ、最優秀賞1人、優秀賞4人の計5人の生産者が表彰された。池側理事長は「品評会の審査内容は各生産者にお伝えしている。現在の自分の商品がどのような位置にいるのかを認識し、より良い商品を生産できるよう努力してほしい」とコメントした。