製あん コンビニ和スイーツ追い風に 専業から多角経営進む

全国菓子卸商業協同組合、ならびに全日本菓子協会が発表した2015年の菓子市場は3兆3千339億円、前年比102・5%。国内景気の回復が進み、菓子消費に好況をもたらした。また外国人観光客の急増により菓子もインバウンド消費の恩恵も反映された格好。市場全体では生産数量、小売り金額ともに前年を上回った。

ようかん、まんじゅうなどの和生菓子類は、菓子全体の売上の14・2%のシェア。生産数量はほぼ横ばいながら僅かに前年を上回り、原料、包装資材等の価格上昇が販売価格に反映され、小売りベースでは若干増加した。家庭内消費は堅調で微増傾向にあり、CVSでの販売は地方都市を中心に需要が上向き。一時期に比べて伸びが鈍化しているものの、営業形態の優位性を活かして微増ペースを保っている。しかし和菓子専門店などでは、売上がタイトになってきている。例えばまんじゅう1個から手軽に購入できるコンビニ、2~3個入りのスーパーに、利用のしやすさから顧客を奪われ、販売のメインが贈答市場になってきている。だが贈答市場においては、前年よりやや回復傾向が見られたものの、贈答文化の希薄化や中心世代の高齢化により、定着するには至らず、いぜん厳しい状況に変わりはない。

今や和菓子市場を支えているのは、スーパーやコンビニにほかならない。昨今ではコンビニによる独自ブランドでデザート菓子を展開。当初は洋菓子が中心だったが、シニア層囲い込み政策に力を入れ、和菓子をはじめ、和洋折衷の創作スイーツ、健康を配慮した菓子類などの品揃えを強化。その取り組みが若年層へも波及している。

(8月24日付本紙より一部抜粋。このほか市場動向や製あん各社の近況について解説しています)