関西スーパー 本社と中央店、建替えオープン

関西スーパーは9日、本社社屋建替えのため仮店舗で営業を行っていた同社1号店の「中央店」(兵庫県伊丹市)をリニューアルオープンした。「中央店」は阪急伊丹駅とJR伊丹駅の間に位置し、500m圏内の世帯数は2年前に比べ8%増の6千960世帯、人口は9%増の1万5千82人とニューファミリー層を中心に増加傾向にある。

500Kcal以下の弁当や「つくりたてスムージー」など、健康をキーワードとした商品を展開。単身・2人世帯向けの食べ切り商品も多くそろえる。売上げ構成比は海産物14・2%、青果15%、精肉13・9%、惣菜(ベーカリー含む)9%、日配17・4%、グロサリー30・5%を見込む。

2・3階の本社事務所はオープンオフィス設計で、新社屋には4つの調理実習室も設置。調理技術向上のための教育やオリジナル惣菜の開発などに生かす。

【中央店概要】鉄骨造地上3階(1階店舗、2・3階本社)、駐車場71台(20台増)、売場面積1千539㎡(161㎡増)、年間売上目標24億、投資額16億(本社建替費込み)、営業時間午前9時~午後10時。