当サイトは「食品新聞」の抜粋版です。創業70年。関連業界から圧倒的に支持されている食品総合情報紙です。

kanmen

環境対応業

トップニュース

菓子大手 チョコが業績貢献 特殊要因に泣くスナック

菓子市場は今年度に入って、カテゴリー別の明暗が鮮明になってきた。健康志向の後押しで伸び続けるハイカカオなどチョコレートが前年を超え、ソフト系キャンディのグミが2ケタ増で伸長する半面、スナック、米菓、ビスケットは前年割れ、ガムは対前年90%台に喘ぐ。

特集記事

菓子卸のサクラバと丸高商会 「グローカル・ユナイテッド」発足

秋田・サクラバと茨城・丸高商会は11月30日、石岡プラザホテルで取引先に対して、完全親会社として「株式会社グローカル・ユナイテッド」を設立し、両社株式を親会社へ移転すると発表した。

ちぼり 湯河原にスイーツファクトリー ショップや見学施設も 

贈答用アソートクッキートップの「ちぼり」は、創業71年目の挑戦として、ちぼりグループ本社と菓子工場を併設した工場見学施設「ちぼり湯河原スイーツファクトリー」を11月3日オープンした。

食品懇話会・展示会・セミナー情報

駅に納豆売場!? タカノフーズ「すごい納豆 S-903」PR

納豆トップのタカノフーズは8日、東京駅構内で「すごい納豆 S―903」の商品パッケージを模したオリジナルBOXティッシュを配布した。サンプリング全国キャラバンの第7弾で、通行人に「すごい納豆 S―903」をPRした。

逆光線(コラム)

注文の多い料理店

先日“注文の多い料理店”に行った。店の入り口には「香りの強い香水や整髪料等禁止」「携帯電話の通話NG」「大声での会話ご法度」と箇条書きが連なっており、ルールを守るお客のみが入店を許される。
正月 餅

文化を残せるか

ピックアップ(CVS/GMS/SM等)

流通・飲食関連記事

中国に新会社を設立 井村屋グループ 中国事業の一元化へ

井村屋グループは中国北京市に100%子会社の新会社「井村屋(北京)企業管理」を設立する。現在、中国では「北京京日井村屋食品」「井村屋(大連)食品」「井村屋(北京)食品」の3社が調味料やカステラなどの製造販売を行っている。

飲料関連記事

サッポロライオン×サッポロビール 110周年記念し共同開発のビール

サッポロライオンは11日から全国の同社チェーン約60店舗で、サッポロビールと共同開発した「銀座ライオンスペシャル〈樽生〉」を数量限定で展開している。これは同社創業110周年を迎えた2009年に記念醸造した限定ビールをモデルとしたもの。

ちぼり 湯河原にスイーツファクトリー ショップや見学施設も 

贈答用アソートクッキートップの「ちぼり」は、創業71年目の挑戦として、ちぼりグループ本社と菓子工場を併設した工場見学施設「ちぼり湯河原スイーツファクトリー」を11月3日オープンした。
- Advertisement -
- Advertisement -

食品新聞紙面サンプル

市況関連情報

LONG RUN ACCESS

食品新聞食品新聞・小売店新聞の
ご購読お申込みはこちらより

環境対応業(上)
環境対応業(上)

なぜ日本の消費財流通はメーカー・小売直結の
欧米型寡占構造にならなかったのか。
環境対応業(上・下)著者:横田弘毅

食品新聞社からのお知らせ