当サイトは「食品新聞」の抜粋版です。創業70年。関連業界から圧倒的に支持されている食品総合情報紙です。

環境対応業

トップニュース

ポテチ品薄 秋ごろ解消見込み 代替品需要、一過性の様相

ポテトチップスが昨年8月に発生した北海道地区での台風被害で原料であるバレイショ不足に陥り、製品の休売や終売が相次いでいる。

特集記事

東西菓子卸、新体制へバトンタッチ 世代交代が鮮明に

関東と関西を代表する菓子卸組合の総会が行われ、それぞれ新理事長のもとで新体制が発足した。理事には若手経営トップが就任し、世代交代を内外に強く印象付けた。

お伊勢さん菓子博2017 「夢の市」長蛇の列 大手8社が趣向凝らす

4年に1度の第27回全国菓子大博覧会が三重県で初めて開催された。会期は4月21日~5月14日。会場は三重県営サンアリーナおよびその周辺。約1千800点の銘菓・スイーツを販売する「全国お菓子夢の市」は平日でも待ち時間が90分と人気ゾーンで、団体客が土産物購入に長蛇の列をなした。

食品懇話会・展示会・セミナー情報

カゴメ ナポリタンスタジアム大盛況 地域と融合した絶品が競う

カゴメは13、14の両日、全国のオリジナルナポリタンを集めたイベント「カゴメナポリタンスタジアム2017」を東京スカイツリータウンで開催し、来場者による人気投票の結果、九州大会代表「レッフェル流通団地店」の「熊本の希望 あか牛ととろとろチーズのフォンデュDEナポリタン」がグランプリに輝いた。

逆光線(コラム)

「ドムドム」再生を祈る

友人と初めて入ったファストフード店が「ドムドム」(ドムドムハンバーガー)だった。マクドナルドやケンタッキーフライドチキンなどなかった当時、ドムドムはあっと言う間に大人気となった。
三遊亭圓歌 中沢家の人々 高齢化

日の本家の人々

ピックアップ(CVS/GMS/SM等)

流通・飲食関連記事

国分グループ本社 酒類総合展示会

脱・安売りへ多彩な打ち手 東京で酒類展示会 国分グループ本社

国分グループ本社は17日、年1回の酒類総合展示会を東京の品川プリンスホテルで開催した。スーパー・百貨店・酒販店・料飲店などの得意先関係者に独自の販促施策やオリジナル商品、主要メーカーの重点商品を紹介するもの。出展メーカー192社、来場者数約1千200人。

飲料関連記事

酒類大手 4社とも利益改善 第1四半期、コスト削減など奏功

酒類大手4社の17年度第1四半期決算が出揃った。為替変動の影響や市場環境により減収または微増収となったが、コスト削減などにより営業損益は増益または前年並みを確保している。

お伊勢さん菓子博2017 「夢の市」長蛇の列 大手8社が趣向凝らす

4年に1度の第27回全国菓子大博覧会が三重県で初めて開催された。会期は4月21日~5月14日。会場は三重県営サンアリーナおよびその周辺。約1千800点の銘菓・スイーツを販売する「全国お菓子夢の市」は平日でも待ち時間が90分と人気ゾーンで、団体客が土産物購入に長蛇の列をなした。
- Advertisement -
- Advertisement -

食品新聞紙面サンプル

市況関連情報

LONG RUN ACCESS

食品新聞食品新聞・小売店新聞の
ご購読お申込みはこちらより

環境対応業(上)
環境対応業(上)

なぜ日本の消費財流通はメーカー・小売直結の
欧米型寡占構造にならなかったのか。
環境対応業(上・下)著者:横田弘毅

食品新聞社からのお知らせ