2019 / 09 / 20 金曜日

最新記事

三重の“勝ち飯”県外初登場 京都のイオンで味の素

味の素は8日、イオンモール京都桂川(京都市南区)で開かれた三重県フェアに参加。大阪支社の田原貴之支社長が鈴木英敬三重県知事とともに、県産食材を使った料理を試食した。両者は昨年、食とスポーツに関する連携協定を締結。『みえ・勝ち飯』として、県の食材と同社の製品を使ったメニューの提案を進めている。

日本甜菜製糖 創立100周年記念祝賀会 “開拓者精神”で歩み続ける

日本甜菜製糖は10日、糖業会館で創立100周年記念祝賀会を開催した。得意先関係者など約100人を招待して同社の歩みを祝うとともに今後の日甜を語り合った。講演では実家で、てん菜も栽培していた日本カーリング協会ジュニアナショナルコーチの小笠原歩さんが登壇してソルトレイクからソチまでのオリンピック秘話を語った。

「クノール カップスープ」新CMに永野芽郁 簡単アレンジで朝食提案

味の素は「クノール カップスープ」の新TVCMに、5年ぶりの新キャラクターとなる俳優の永野芽郁さんを起用。21日から全国でオンエアする。12日に行われたCM発表会であいさつした同社食品事業本部家庭用事業部の松本晋一次長は「近年の共働き世帯拡大や働き方改革も背景に、

明治が「尿酸値プロレス」 気になる世代応援へ往年のレスラー集結

明治は10月13日に都内某所で開催する1日限定のスペシャルマッチ「尿酸値が気になる世代が集う!戦う!応援する!尿酸値プロレス」に100組200人を招待する。「明治プロビオヨーグルト PA-3」を対象とする「尿酸値が気になる世代が集う!戦う!応援する!尿酸値プロレス キャンペーン」として実施する。

三菱食品の健康ブランド「からだシフト」 PRへ六本木ヒルズに期間限定カフェ

三菱食品は20~22の3日間、六本木ヒルズ「Hills Café/Space」にコンセプトカフェ「からだシフトCafé」をオープンする。期間中は健康ブランド「からだシフト」を使用し、モデルのSHIHOさん監修のスペシャルメニューなど12品をワンコイン(税別500円)で提供する。

コルレオーネ・インベストメント・ジャパン 中村武治社長 コルレオーネ・インベストメント・ジャパン

気になるニュースまとめ(無料会員向けコンテンツ)

トップニュース

着実に浸透「エシカル消費」 訪日外国人増でホテル、外食対応急ぐ

「エシカル消費」が注目されている。エシカルとは英語のethic(倫理・道徳)の形容詞ethicalのこと。日本語では「倫理的な」「道徳上の」「正しい」などに訳される。消費者が社会的課題の解決を考えながら消費し、環境への負荷低減や社会貢献などを重視した商品やサービスに沿った消費形態をさすようだ。

天候不順がビール類直撃 気温回復で主力品は上昇

ビール類最盛期の6~8月は、7月の天候不順の影響を大きく受け、出荷量は前年同期比4%弱減で推移したとみられる。ただ8月は前半に暑さが戻ったこともあり出荷は回復した。PBを除く上期(1~6月)の出荷量は約3%減。

海苔 大凶作の“劇薬”効果 量から質へ適応急ぐ

海苔業界にとっても前年度漁期の63億枚はさすがに少ないという意見は多いが、続く生産力の低下で「あり得た」とする振り返りも聞こえる。ここ10年でも好不調があり一喜一憂してきたが、基本は下目線の予想が大半を占めていた。

缶コーヒー 努力実り回復の兆し 泡立ち、コラボ缶、原点回帰など多彩に

飲料全体の中で大きなボリュームを占めているショート缶をテコ入れする。ショート缶については、上位ブランドがコミュニケーションを弛まず続けてきたことが奏功した模様。最近ではペットボトル(PET)に流出したユーザーが戻るなど下げ止まりの兆候も見られ、潮目が変わる可能性も出てきた。

ひと言

「我慢の余地は少なく」 加藤産業 加藤和弥社長

消費マインドはずっと低いままで推移し、特に上がった時期もないが、急に下がったという感じもしない。財布の紐はずっと堅いままで、10月以降もう一段堅くなると想定せざるを得ない。

食品構成比上昇の理由は 大原孝治PPIH社長兼CEO

(ドン・キホーテの)食品の売上構成比が上がっているのは、当社の客層がファミリー層に偏り、シングル層が来店しなくなっているため。客層の高齢化が大きな原因と考えている。現在はSNSを使ったりして積極的に若者にリーチする活動を地道にしている最中だが、一朝一夕にはいかない。

イノベーションを起こす 営業部門中心の企業に ハークスレイ大槻哲也社長

新社長として私に求められているのはイノベーションを起こすこと。当社も創業から42年が経過し、これまで既定路線のブラッシュアップで対応してきた。その結果、利益は確保できているが売上げが減少している。

「付加価値で落ち込み防ぐ」 ニチレイ大櫛顕也社長

生活防衛意識により財布の紐は固い。10連休で一時的に緩んだが消費増税でまた締まるだろう。市場では、今までの商品やサービスに飽きが来ており、現場感覚では次のステージに入ったと思っている。

食品新聞フリーオンライン

新規登録(無料) ログイン マイアカウント

特選動画集

【PR】「ブランド体験の場」仕掛け人 空間をメディアに、価値伝達

コルレオーネ・インベストメント・ジャパン 中村武治社長-あるブランドの価値を多くの人に知ってもらいたいときに、単にその情報を広告やメディアを通して伝えるだけでなく、実際にブランドを体験できるリアルな場を作る。現在では一般的になったこの手法を、日本に根付かせるために奮闘した人物がいる。

【PR】これが次世代型 スマートファクトリーだ!! 日清食品関西工場

「(あたかも無人であるかのごとき)生産ライン上を、出来立たての『カップヌードル』が整然と流れていくさまは、まるで近未来を描いた映画のワンシーンのよう」。日清食品が3月から第2期稼働を開始した関西工場(滋賀県栗東市下鈎21-1)

【PR】軽商用車初 歩行者認識の予防安全機能を搭載 ダイハツ「ハイゼットカーゴ」

ダイハツ工業は昨年11月、軽商用車「ハイゼットカーゴ」をマイナーチェンジし、最新の予防安全機能(スマートアシストⅢ)を搭載して安全性能を大きく向上させた。1月31日から東京ビッグサイトで開かれたフランチャイズショーにも出展し、多くの来場者に安全安心への想いを伝えた。

流通・卸

三菱食品の健康ブランド「からだシフト」 PRへ六本木ヒルズに期間限定カフェ

三菱食品は20~22の3日間、六本木ヒルズ「Hills Café/Space」にコンセプトカフェ「からだシフトCafé」をオープンする。期間中は健康ブランド「からだシフト」を使用し、モデルのSHIHOさん監修のスペシャルメニューなど12品をワンコイン(税別500円)で提供する。

増税にらみ内食需要喚起 「トップバリュ」冷凍ミールキット拡充

イオンは消費増税で消費者の購買行動やライフスタイルに大きく変わり内食需要が高まると予想。こうした見立てのもと、18日、水、油、調味料を必要としない冷凍ミールキット「トップバリュ フローズンCooKit(クッキット)」シリーズから新商品6品を新発売した。

銀座にスタバ新業態 「誰かを誘って行きたい店」に 2階には予約可能なバーも

スターバックス コーヒー ジャパンは4日、東京都中央区銀座に新業態「スターバックス リザーブストア」の第1号店となるスターバックス リザーブストア銀座マロニエ通りをオープンした。東京・中目黒に2月に開業したスターバックスリザーブ ロースタリー東京で焙煎したコーヒーと、イタリアンベーカリープリンチの両方を、2階建てのゆったりとした空間で楽しめる店。

“リアル”な提案で成果を 加藤産業総合展示会

加藤産業は11~13の3日間、神戸国際展示場でグループ総合食品展示会を開いた。メーカー467社が出展、全国の得意先約5千500人を招待した。メーカーの内訳は加工食品215社、低温147社、酒類105社。

広島の小売2社 業績不振で社長交代 MV西日本、ポプラ

広島市に本社を置く小売業2社の社長が業績不振を理由に辞任した。スーパーのマックスバリュ西日本は加栗章男社長が10日辞任し、子会社マルナカの平尾健一氏が後任に就いた。同社は18年2月期に創業以来初の減収に転じ、前期も減収減益。

飲料

キリン「ファイア」20周年で原点回帰 桐谷健太が往年のCMソング熱唱

キリンビバレッジは今年で20周年を迎えた「ファイア」で原点回帰を図り“心に火をともす”ブランドとして基幹商品であるSOT缶(別称=ショート缶)の中味・パッケージ・コニュニケーションを大刷新し、10月8日からマーケティング展開していく。

伊「カフィタリー」提案強化 1台でコーヒーなど高圧・低圧抽出が可能 フジ産業

フジ産業は、オフィスやカフェバーなど1日50杯程度の業務用ニーズに向けて13年から輸入販売を手掛けているカプセルマシンシステム「Caffitaly(カフィタリー)」の提案を強化している。

ブレない味で20年「小川珈琲店」 評価基準は格付ではなく味

小川珈琲は発売20周年を迎えた主力家庭用レギュラーコーヒー「小川珈琲店」シリーズを刷新・拡充した。一番の刷新ポイントは、同シリーズのすべての原料を生産地とともにつくり上げる独自基準を満たした小川珈琲専用豆ARKにした点。

「森永甘酒」刷新で米麹増量 酒粕+麹のダブル発酵素材

甘酒市場で3割弱のトップシェアを握る森永製菓の森永甘酒シリーズは、秋冬に向けて新商品の投入と基幹商品の「森永甘酒」(190g缶)を刷新して、甘酒市場の再活性化を図っていく。

ダイドーがピエール・エルメと共同開発「カフェ・オ・レ ショコラ・ブリーズ」 青山で発売イベント

ダイドードリンコは9日まで、「ピエール・エルメ×ダイドーブレンド カフェ・オ・レ ショコラ・ブリーズ」(500㎖PET、税別160円)の発売記念イベントを「ピエール・エルメ・パリ青山」(東京都渋谷区)で実施した。

酒類

キリン×サッポロ 共同でホップをアピール 現場の想いでコラボ実現

キリンビールとサッポロビールは、北海道で生まれた世界的な人気ホップ「ソラチエース」の誕生35周年を祝う「ソラチエース誕生祭~こちらでソラチ、そちらでもソラチ~」を5~16日まで、東京のグループ店舗で開催している。大手ビール社が共同でイベントを実施するという珍しい試みだ。

日本産ホップ、価値向上へ 「フレッシュホップフェスト」11月末まで開催

スプリングバレーブルワリー(SVB)はこのほど、9月1日から11月30日の約3か月間にわたり全国で「フレッシュホップフェスト2019」を開催すると発表した。

「ビールに近い」競争に参戦 新ジャンル「麦とホップ」刷新 サッポロビール

サッポロビールは27日から新ジャンル「麦とホップ」の中身とパッケージをリニューアルして全国発売するが、22日に本社で開いた戦略説明会で 髙島英也社長は「新ジャンルに本気で取り組む」と意気込みを示した。

「デュワーズ」前年比150% 今年27万箱の着地も視野 サッポロビール

サッポロビールが11年から日本における総代理店として販売するバカルディ商品は、取り扱い開始から販売数量がほぼ2倍に伸長した。特にウイスキー「デュワーズ」ブランドは好調で、6年で約13倍と大きく伸ばしている。

「ビアフェス名古屋2019」 厳選地ビール80種が集結

中部地区で最大規模のクラフトビール(地ビール)の祭典「ビアフェス名古屋2019」が10、11日、名古屋国際会議場で開催された。今年が9回目となる名古屋会場には、40社・80アイテムのクラフトビールが集結。来場者数は2日間で計3千人を数え、大いに盛り上がった。

塩・砂糖・製粉・油脂

日本甜菜製糖 創立100周年記念祝賀会 “開拓者精神”で歩み続ける

日本甜菜製糖は10日、糖業会館で創立100周年記念祝賀会を開催した。得意先関係者など約100人を招待して同社の歩みを祝うとともに今後の日甜を語り合った。講演では実家で、てん菜も栽培していた日本カーリング協会ジュニアナショナルコーチの小笠原歩さんが登壇してソルトレイクからソチまでのオリンピック秘話を語った。

砂糖“量から質”へ 三井製糖、家庭用に小容量2品 グラと中ザラもスタンドパックに

三井製糖は昨春に発売した家庭用のスタンディングタイプ「上白糖400g」「三温糖400g」に続き、「グラニュ糖400g」「中ザラ糖400g」を9月から発売した。砂糖消費の減少が続く中で、おなじみの1㎏、500gの袋入りではなく、チャック付きのスタンドパックの発売が続いている。

J-オイルミルズ 創立15周年、新たなステージへ 「技術・提案で貢献する企業に」八馬社長

J-オイルミルズは6日、都内で専門誌との懇談会を開催。今期の概況や方針について、八馬史尚社長、善当勝夫取締役兼専務執行役員が次のように語った。

業界初のふすまバラ出荷設備を導入 日本製粉

日本製粉は、千葉工場(千葉市美浜区)内に建設中だったふすまバラ出荷設備が完工した。21日に竣工式を行った。今回の設備はふすまを工場から新倉庫に直接搬入し、搬出コンベヤーを使用し船積み出荷できるのが特徴で、製粉業界としては初導入の設備となる。収容力は2千400t。

バッカルドリン社製品を披露 J-オイルミルズが製パン技術講習会

J-オイルミルズはこのほど、東京・八丁堀のおいしさデザイン工房で「製パン技術講習会」を開催。ベーカリー関係者を対象に今春から輸入販売を開始したオーストリア・バッカルドリン社の製パンミックスを使用したパン作りやアプリケーション事例を紹介した。

乾物・乾麺・漬物

発酵食品のテーマパーク 飯能で起工式 OH

漬物最大手ピックルスコーポレーションの連結子会社であるOHは先頃、埼玉県飯能市にある「OH!!発酵・健康・食の魔法」の建設予定地において起工式を実施した。同施設の完成と事業開始は来年春頃を予定している。

三輪そうめん 冷夏で販売振るわず 感謝祭で「厳しい夏」吐露

池側義嗣・奈良県三輪素麺工業協同組合理事長と池田利一・奈良県三輪素麺販売協議会会長(池利社長)は、8月30日の三輪そうめん感謝祭であいさつし、今年の商戦を振り返り次の通り語った。

「新あさひ豆腐」製法特許取得 減塩でより健康的な食材に 旭松食品

旭松食品はこのほど、高野豆腐の新製法特許を取得した。高野豆腐製造に使用される膨軟剤を重曹(炭酸水素ナトリウム)から炭酸カリウムに変更したもので高野豆腐に含まれるナトリウム量が大幅に減少し、より健康的な食材としてアピールできる。

これが“究極のそうめん”だ! ひと束500円、茹で方講習会付き

価格は通常の手延べそうめんの10倍に近い1束500円。購入するためには講習会の受講が必須。日本一ハードルが高い手延べそうめん「手延べ和麺 小神(おがみ)」が登場した。

海苔不作に危機感 生産奨励にシフトも

大阪海苔協同組合は21日、大阪市の太閤園で令和元年度通常総会を開催。あいさつに立った村瀬忠久理事長(大乾社長)は不作が続いている国内の海苔生産に触れ、「組合の活動も消費拡大から生産奨励へシフトしなければならないのかと感じる」と危惧を示した。

日別記事カレンダー

菓子

眠りの質向上にチョコを GABA含有の幅広い品揃えで24時間サポート

働き方改革で “眠り”に対する問題意識が顕在化する中、江崎グリコは睡眠の質を高める機能があるガンマ―アミノ酪酸(GABA)を配合した機能性表示食品「メンタルバランスチョコレートGABAフォースリープ〈まろやかミルク〉」を9月24日から発売する。

亀田製菓 テニス内藤祐希選手と契約

亀田製菓は、プロテニスプレーヤーの内藤祐希選手と所属契約を締結した。地元新潟県出身の内藤選手は、世界に飛躍を期す若手プレーヤーとして注目を集めている。

「DAGASHIで世界を笑顔に」 社団法人を設立

任意団体として活動してきた「DAGASHIで世界を笑顔にする会」は一般社団法人化し、8月29日に東京菓子協会で設立総会を開いた。同会は15年4月に18社で発足。同年にはフランスでもイベントを開いた。日本でも3月12日の「だがしの日」に、子供たちを対象としたイベントを開催。

開発に5年「ギンザワッフル」 第4の柱商品目指す ギンビス

ギンビスは「GINZA WAFFLE(ギンザワッフル)」を16日から全国で(2日からCVS先行)発売する。同社初となるコーヒーや紅茶などのホットドリンクとのペアリングに特化した商品。

和風デザートの素「わふーちぇ」今年も発売 ハウス食品

ハウス食品は和風デザートの素「わふーちぇ」シリーズを12日から全国で発売した。新アイテム「和栗」、よりおいしくフレッシュアップした「抹茶」と「黒蜜きなこ」の3品(各130g入り、税別参考小売価格194円)を提案する。

コーヒー・嗜好品(まとめ)

着実に浸透「エシカル消費」 訪日外国人増でホテル、外食対応急ぐ

「エシカル消費」が注目されている。エシカルとは英語のethic(倫理・道徳)の形容詞ethicalのこと。日本語では「倫理的な」「道徳上の」「正しい」などに訳される。消費者が社会的課題の解決を考えながら消費し、環境への負荷低減や社会貢献などを重視した商品やサービスに沿った消費形態をさすようだ。

銀座にスタバ新業態 「誰かを誘って行きたい店」に 2階には予約可能なバーも

スターバックス コーヒー ジャパンは4日、東京都中央区銀座に新業態「スターバックス リザーブストア」の第1号店となるスターバックス リザーブストア銀座マロニエ通りをオープンした。東京・中目黒に2月に開業したスターバックスリザーブ ロースタリー東京で焙煎したコーヒーと、イタリアンベーカリープリンチの両方を、2階建てのゆったりとした空間で楽しめる店。

キリン「ファイア」20周年で原点回帰 桐谷健太が往年のCMソング熱唱

キリンビバレッジは今年で20周年を迎えた「ファイア」で原点回帰を図り“心に火をともす”ブランドとして基幹商品であるSOT缶(別称=ショート缶)の中味・パッケージ・コニュニケーションを大刷新し、10月8日からマーケティング展開していく。

伊「カフィタリー」提案強化 1台でコーヒーなど高圧・低圧抽出が可能 フジ産業

フジ産業は、オフィスやカフェバーなど1日50杯程度の業務用ニーズに向けて13年から輸入販売を手掛けているカプセルマシンシステム「Caffitaly(カフィタリー)」の提案を強化している。

ブレない味で20年「小川珈琲店」 評価基準は格付ではなく味

小川珈琲は発売20周年を迎えた主力家庭用レギュラーコーヒー「小川珈琲店」シリーズを刷新・拡充した。一番の刷新ポイントは、同シリーズのすべての原料を生産地とともにつくり上げる独自基準を満たした小川珈琲専用豆ARKにした点。

和日配・大豆製品

急がれる「ヴィーガン」対応 ホテル・レストラン向け 訪日外国人の急増で

世界的にヴィーガンやベジタリアンの波が押し寄せる中、来年の東京オリンピック・パラリンピックを控え国内の食品企業や外食企業がその対応を急いでいる。ヴィーガンは絶対菜食主義、ベジタリアンは完全菜食主義とも言われ、欧米諸国を中心にそのライフスタイルは着実に増えている。

「まずもって、おいしい」 豆乳ヨーグルトじわり浸透 ポッカサッポロ

ポッカサッポロフード&ビバレッジの大豆・チルド事業の中核をなす豆乳ヨーグルト商品は、4月から新戦略を遂行し6月に前年を大幅に上回る伸びをみせた。新戦略とは、大豆から豆乳を搾汁する工程からその豆乳の発酵、豆乳ヨーグルトの充填までを一貫製造する唯一無二の群馬工場が3月下旬に稼働したことによるもの。

肉代替市場に二の矢「ゼロミート ソーセージタイプ」 大塚食品

大塚食品は、スーパーの店頭で肉代替商品のコーナーを創出すべく、大豆を使った肉不使用の「ゼロミート」シリーズを拡充していく。昨年11月に関東エリアを中心に発売した「ゼロミート デミグラスタイプハンバーグ」と「同チーズインデミグラスタイプハンバーグ」の2品は、よりおいしい味わいを追求した新処方に変更し、

豆乳ヨーグルト「ソイビオ」 初CMに加藤ローサ ポッカサッポロ

大豆・チルド事業を加速させるポッカサッポロフード&ビバレッジは、今月から群馬県で新工場が稼働した豆乳ヨーグルト「SOYBIO(ソイビオ)」の販売拡大に注力する。2日からは100gカップ2品種のパッケージを刷新したほか、ファミリーユース向けの「プレーン無糖 400gカップ」を新発売。

和日配売場から大豆食提案 新ブランド「感豆富」 さとの雪食品

豆腐大手のさとの雪食品(本社・徳島県鳴門市、植田滋社長)は7日、新ブランド「感豆富(かんどうふ)」の第1弾として「大豆のプリン」3品を発売した。食べる“もの”と“時間”をより価値あるものにするため、豆腐製造で培ってきた技術と知識を最大限に活用した。

即席麺・即席食品

「クノール カップスープ」新CMに永野芽郁 簡単アレンジで朝食提案

味の素は「クノール カップスープ」の新TVCMに、5年ぶりの新キャラクターとなる俳優の永野芽郁さんを起用。21日から全国でオンエアする。12日に行われたCM発表会であいさつした同社食品事業本部家庭用事業部の松本晋一次長は「近年の共働き世帯拡大や働き方改革も背景に、

日本人の食志向変化を先取り「ヴィーガンヌードル」 ヤマダイ 森田和樹取締役に聞く

「この商品は日本人の食志向の変化の先取りと位置付けている」。ヤマダイは9月9日からヴィーガン料理店「 T'sレストラン」などを展開するTOKYO- T's(下川祠左都代表取締役)と開発したカップ麺「VEGAN NOODLES(ヴィーガンヌードル)担担麺/酸辣湯麺」(各税別190円)を発売する。

ヤクルトの即席麺「麵許皆伝」 11年ぶりの価格改定

ヤクルト本社は10月1日から即席袋麺「ヤクルト麵許皆伝」シリーズの価格を税別85円(現行75円)に改定する。同シリーズの価格改定は08年以来11年ぶり。

「みそ派」か「塩派」か 「サッポロ一番」論争に決着を

「みそ派」か「塩派」か。サンヨー食品は今秋、この議論に決着をつけるべく、Twitterを活用したキャンペーン「サッポロ一番 みそ派塩派大論争」を展開する。8月26日にはキックオフイベント「サッポロ一番 みそ派塩派大論争 新CM・PR発表会」を都内で開催、「みそ派」「塩派」大論争をスタートさせた。

カップ麺の新たな提案「ヴィーガンヌードル」 ヴィーガンレストランで発表会 ヤマダイ

ヤマダイは8月26日、ヴィーガン料理店「自由が丘T'sレストラン」(東京都目黒区自由が丘)などを展開するTOKYO-T'sと共同開発したカップ麺「VEGAN NOODLES(ヴィーガンヌードル)担担麺/酸辣湯麺」(各税別190円)の商品発表会を開催した。

冷凍食品・中食・惣菜

両国で「ギョーザ」体験 今年も順調、2ケタ増狙う 味の素冷凍食品

味の素冷凍食品は今年で3回目となる期間限定店「ギョーザステーション」を8月30日~9月9日まで、東京・両国駅で開設している。同社製品「ギョーザ」は家庭用冷食市場で16年連続売上首位を誇り、年間で200億円以上を売上げ、今年も順調に推移している。

冷凍ブランド「凍眠市場」展開へ 伊藤忠食品、アルコール凍結のテクニカンと提携

伊藤忠食品はリキッドフリーザー方式凍結機「凍眠」の製造・販売を行うテクニカン(本社・神奈川県横浜市)と8月19日に業務提携契約を締結。共同で立ち上げた冷凍食品ブランド「凍眠市場(とうみんいちば)」の認知向上や流通拡大を推進するとともに、「凍眠」の技術を活用し、生鮮食材の通年安定供給に向けた取り組みをスタートする。

家庭用も時短ニーズ対応 業務用に加工度高い焼成冷凍パン テーブルマーク秋の新商品

テーブルマークは今秋の新商品として家庭用冷凍食品12品、業務用冷凍食品6品を刷新品として、家庭用冷凍食品11品、業務用冷凍食品8品を9月1日に投入する。

“まるで肉のよう”な満足感を 米久、業務用でノンミート参入

米久は、健康志向に対応した「米久のノンミート」を今秋から業務用に発売。肉代替市場に参入する。原料に大豆を使い、カロリーを低減。ハム・ソーセージの製造で培った技術を生かし、従来のノンミート商品を超える「まるでお肉を食べたような満足感」を目指し開発した。

女性へ“腸活”冷食セット 通販と宅配で ニチレイフーズ

ニチレイフーズは冷凍食品ご飯付き惣菜弁当「ウーディッシュ20品目膳」シリーズから、“腸活”に有用と言われる発酵食品と食物繊維の摂取に注目した新商品5品を4月1日から通販・宅配ルート(ニチレイフーズダイレクト)で発売した。

健康・機能性食品・ハチミツ

明治が「尿酸値プロレス」 気になる世代応援へ往年のレスラー集結

明治は10月13日に都内某所で開催する1日限定のスペシャルマッチ「尿酸値が気になる世代が集う!戦う!応援する!尿酸値プロレス」に100組200人を招待する。「明治プロビオヨーグルト PA-3」を対象とする「尿酸値が気になる世代が集う!戦う!応援する!尿酸値プロレス キャンペーン」として実施する。

国内で初めて商品化 胃に関する機能性表示食品 ヤクルト本社

ヤクルト本社は11月11日、国内初となる胃に関する機能性表示食品「BF-1(ビーエフワン)」を全国で発売する。表示しようとする機能性は「本品には、B.ビフィダム Y株(B.ビフィダム YIT 10347)が含まれるので、食後の胃の負担をやわらげる機能があります」。

睡眠の質向上のプログラムを提案 江崎グリコ×ZERO GYM

江崎グリコは秋の睡眠の日(9月3日)に向けて、疲労回復専用ジムとして注目される「ZERO GYM」(ゼロジム)とコラボし、「寝る前の黄金の30分」メソッドを動画配信サイトで提案する。自身の睡眠を見直すことで日々のコンディションアップにつなげることが狙い。

日中蜂産品会議、杭州で市場の健全発展に協力要請

全日本はちみつ協同組合(田中正道理事長=日新蜂蜜代表取締役会長兼社長)は7月9日、中国杭州で「日中蜂産品会議」を開催、中国土畜輸出入商会(以下、商会)や中国政府のCIQら関係者と蜂産品貿易について協議した。

「アサヒ飲料=健康基軸」アピールへ カテゴリー横断し共通成分配合

アサヒ飲料は、共通の機能性関与成分を主要ブランド含む複数のカテゴリーに配合してシリーズ展開する新手法を用いて健康領域の取り組みを加速させる。健康価値を付加して各主要ブランドに磨きをかけることと、シリーズ化のインパクトで企業の健康イメージを高めるのが狙い。

乳製品・アイスクリーム

六甲バター 上期チーズ2.5%増 生産能力増強も寄与

六甲バターの19年12月期上期(1~6月)のチーズ部門売上高は前年比2.5%増。昨年は商品の供給がひっ迫し、一部休売するなどしたが、今春の神戸新工場の稼働により生産能力が増強されていることから、供給体制が整う下期は上積みに期待している。

チーズ、トレンドは“スモーク” 雪メグ、明治が新製品投入

16年度1万1千324円、17年度1万4千49円、18年度1万5千373円(スモーク商品100人当たりの購入金額/QPR消費者購買データ)。自宅でフライパンを使いスモークしたり、アウトドアでバーベキューの新定番として楽しんだりするなどスモークブームが定着してきたが、今秋の家庭用チーズ市場のトレンドも“スモーク”だ。

「ペリエ」と「サクレ」のコラボメニュー展開 渋谷で11日まで

ネスレ日本の南フランス産炭酸入りナチュラルミネラルウォーター「ペリエ」と、フタバ食品のかき氷アイス「サクレ」がコラボしたポップアップストアが、7月29日から8月11日までの期間限定で、渋谷「MODI」にオープンしている。

チーズ消費量過去最高に プロセスチーズの伸びが寄与

2018年度の国内チーズ総消費量は、前年比4.1%増(35万2千930t)となり、過去最高を更新した。種別内訳は、ナチュラルチーズ(以下、NC)が3.7%増(20万8千67t)、プロセスチーズ(以下、PC)が4.5%増(13万277t)。

カネカがベルギーヨーグルト 「ピュアナチュール」2品発売

カネカは8月1日から、ベルギーの伝統製法を受け継ぐ「ベルギーヨーグルト ピュアナチュール プレーン砂糖不使用」(105g、税込み希望小売価格166円)と「同 ブルーベリー」(100g、同183円)を東日本・西日本・九州地区で発売する。

餅・味噌・米・生鮮・鶏卵・食肉

カット野菜の廃棄ロス削減へ気象データで出荷量予測

一般財団法人日本気象協会と倉敷青果荷受組合は気象データを基にして商品別の出荷量を予測する机上実験を2018年度に行った結果、日本気象協会が開発した人工知能(AI)を用いた出荷量予測では倉敷青果による従来手法と比較し、予測誤差を最大55%、平均37%改善されたことが分かった。

旬の野菜を手軽に食べる新商品 野菜の日にはフェアも サラダクラブ

パッケージサラダは簡便需要の伸びに押されて市場は約1千600億円規模へと伸長した。サラダクラブの業績も比例して伸びており、今秋はパッケージサラダ3品、調味料2品を発売する。パッケージサラダでは季節に応じた旬の野菜を原料とした商品を提供しており、今秋は「サラダからし菜」と「かぼちゃ」を使った商品を投入する。

高品質なアルバータ・ポークを紹介 カナダ大使館で高瀬物産

髙瀬物産はこのほどカナダ大使館に得意先ホテル・レストラン関係者を招き、アルバータ・ナチュラルポーク生産者セミナー&レセプション「Taste Of Canadian Pork~カナダポークの美味しさ」を開催した。

「パワーハーブサラダ」で食卓の困りごと解決 エスビー食品

エスビー食品は夏の食卓の困りごとを解決するため「ベビーリーフ」を使った「パワーハーブサラダ」を紹介する。テレビやWebを通してプロモーションを実施。夏を元気に乗り切る提案に取り組む。

みそ仕込用「丈三桶」 産業遺産に認定 愛知のイチビキ

愛知県の醸造・食品メーカー、イチビキの第1工場(愛知県豊川市)にあるみそ仕込桶「丈三桶(じょうさんおけ)」が、6月2日に開催された産業考古学会2019年度総会で、産業考古学会推薦産業遺産に認定された。

レトルト食品・缶詰・瓶詰

ベビーフード1食分が1箱に 「にこにこボックス」11品を刷新 キユーピー

キユーピーは、レトルトカップ入りの主食とおかずが1箱に1個ずつ入った「にこにこボックス」シリーズをリニューアルし全11品で発売する。外箱はトレーとして使え、パペットとしても遊ぶことができる動物のデザインを採用。おいしさはもちろん、楽しい食体験も提供する。

パスタソースに戦略商品 “ひと手間”需要発掘で利用シーン拡大へ キユーピー

キユーピーは、瓶入りパスタソースの新シリーズ「キユーピー アレンジプラス」(参考小売価格350円)3品を16日から発売する。首都圏・中部・近畿エリア限定。通販チャネルでも販売する。

「こどものためのボンカレー」 「ママ」の意見取り入れパッケージ刷新 大塚食品

大塚食品はレトルト食品の新製品を26日から全国で発売する。「こどものためのボンカレー」を新パッケージに刷新して投入し、「ボンカレーGRAN」シリーズに1品を追加。どんぶりの素を「大塚のボンドンブリ!」ブランドに一新して2品を展開する。

表紙がそのままパッケージに 増加する雑誌タイアップ商品

雑誌とタイアップし雑誌の表紙をそのままパッケージデザインにしたレトルト食品が相次いで新発売される。雑誌のイメージと重ね合わせることで商品のコンセプトが消費者に伝わりやすく、雑誌の読者層の取り込みも期待できる。

紙容器の「シャキッと!コーン」 国内初の充填機導入で はごろもフーズ

はごろもフーズは、紙容器(テトラ・リカルト)の「シャキッと!コーン(T)」(内容総量190g)を8月19日から全国発売する。国内で初めて、レトルト対応の紙容器(テトラ・リカルト)の製造設備を導入した。軽量で使いやすく、環境に配慮した紙容器の展開を広げる。

機械・資材

納豆の添付品袋「押すだけプシュッ!と」で受賞 Mizkanと凸版印刷

Mizkan(以下ミツカン)と凸版印刷は、ミツカンが販売する納豆に添付されている添付品袋「押すだけプシュッ!と」で日本包装技術協会主催「2019日本パッケージングコンテスト」の「日本包装技術協会会長賞」を受賞した。

排水処理効率化で食品工場の課題解決 「いい環境を残す」軸に開発 オメガ・中村信一社長

オメガ(大阪市平野区)は特殊セラミック電極を用いた電気分解技術をコア技術とする水処理・環境機器開発販売会社。化学的・物理処理により食品製造・加工工場から出る工場排水を効率的に処理できる複合処理システムを食品業界に向けて提案する。化学的・物理的処理の優位性、日本が抱える排水処理の課題とは。中村信一社長に聞いた。

最大級の精米施設稼動 レイテ島稲作革命の要 サタケ

精米機器大手のサタケがフィリピン共和国のチェン・イー社から受注したレイテ島の精米施設が竣工し、7月5日から本格稼働した。処理能力30tの乾燥機10台および毎時7tの精米加工ラインを持つ同島最大級の精米加工施設となる。

手で横開封できるピロー袋 ジッパー装着で保存性アップ 富士特殊紙業

富士特殊紙業が開発した横方向開封ピロー「スマートカット」が注目を集めている。これは開封用のノッチから横方向へ手で引き裂くだけでピロー袋の横開封を可能とした同社の独自技術。同技術の確立でピロー袋へのジッパー装着も可能となる。開封のしやすさに加え、保存性も向上するとあって食品包装への採用が増えている。

サタケ、ベトナムで共同開発 小・中型穀物乾燥機

精米機大手のサタケとベトナム社会主義共和国の穀物加工機器メーカーのラミコ社は4月22日、ベトナム国内の中・小規模精米所向け穀物乾燥機の共同開発を始動した。

企業活動

三重の“勝ち飯”県外初登場 京都のイオンで味の素

味の素は8日、イオンモール京都桂川(京都市南区)で開かれた三重県フェアに参加。大阪支社の田原貴之支社長が鈴木英敬三重県知事とともに、県産食材を使った料理を試食した。両者は昨年、食とスポーツに関する連携協定を締結。『みえ・勝ち飯』として、県の食材と同社の製品を使ったメニューの提案を進めている。

野菜「捨てる部分も見て」 ブランド浸透へ体験の場 ミツカンG「ZENB」

ミツカングループは3月に立ち上げた「ZENB(ゼンブ)」ブランドで、体験型の取り組みなどを通してブランドやコンセプトの浸透などを目指している。創業215年に当たる昨年には、人と社会と地球の健康に貢献することや、おいしさと健康を両立させるような食品・食生活提案を進めることなどを骨子とする「ミツカン未来ビジョン宣言」を策定。

味の素 社会課題解決に「勝ち飯」 自治体、流通と連携し拡散

味の素グループは、事業を通じた社会課題の解決に取り組み、社会・地域と共有する価値を創造することで成長につなげる取り組みをASV(Ajinomoto Group Shared Value)と呼んでいる。

カゴメが「名探偵コナン」とコラボ 若年層の朝食離れ改善を啓発

カゴメが9月末から野菜飲料の販売促進を強化する。幅広い層から人気のアニメ「名探偵コナン」とコラボしたキャンペーン「彩色の朝食(さいしきのモーニング)」を9月30日から11月29日まで実施。キャンペーンは対象商品を購入してポイントを集め、好きなコースに応募すると、合計1千330人に「名探偵コナン」限定コラボグッズが当たる。

大阪府の野菜摂取不足解消へ 府と連携しカゴメ

大阪府とカゴメは4日、大阪府庁で包括連携協定の締結式を行った。健康、子ども・福祉、地域活性化、女性活躍・雇用促進、防災、府政のPRなど6分野にわたる連携と協働を行い地域の活性化および府民サービスの向上を図る。

イベント・展示会(まとめ)

明治が「尿酸値プロレス」 気になる世代応援へ往年のレスラー集結

明治は10月13日に都内某所で開催する1日限定のスペシャルマッチ「尿酸値が気になる世代が集う!戦う!応援する!尿酸値プロレス」に100組200人を招待する。「明治プロビオヨーグルト PA-3」を対象とする「尿酸値が気になる世代が集う!戦う!応援する!尿酸値プロレス キャンペーン」として実施する。

三菱食品の健康ブランド「からだシフト」 PRへ六本木ヒルズに期間限定カフェ

三菱食品は20~22の3日間、六本木ヒルズ「Hills Café/Space」にコンセプトカフェ「からだシフトCafé」をオープンする。期間中は健康ブランド「からだシフト」を使用し、モデルのSHIHOさん監修のスペシャルメニューなど12品をワンコイン(税別500円)で提供する。

“リアル”な提案で成果を 加藤産業総合展示会

加藤産業は11~13の3日間、神戸国際展示場でグループ総合食品展示会を開いた。メーカー467社が出展、全国の得意先約5千500人を招待した。メーカーの内訳は加工食品215社、低温147社、酒類105社。

増税意識し売り方提案 駄菓子強化や隙間商材 菓子卸の相互

菓子卸の相互(京都府八幡市)は4日、京都市の都ホテルで秋季見本市を開いた。メーカー80社が出展し、得意先150社を招待した。今回のテーマは「フューチャー・ヴュー(未来図)」。商品部の江川野朗次長は「今後、得意先に求められるものを予測し、商品や売場の展開例を提案した」と説明する。

キリン×サッポロ 共同でホップをアピール 現場の想いでコラボ実現

キリンビールとサッポロビールは、北海道で生まれた世界的な人気ホップ「ソラチエース」の誕生35周年を祝う「ソラチエース誕生祭~こちらでソラチ、そちらでもソラチ~」を5~16日まで、東京のグループ店舗で開催している。大手ビール社が共同でイベントを実施するという珍しい試みだ。

行政(農水など官庁、法改正ニュース)

環境省 循環経済の優良事例普及へ Apple、全清飲、セブン&アイと連携 

環境省は、循環経済に関する先進的な取り組みを行う事業者と連携し、優良事例の普及を通じて国全体で循環経済の構築を推進する。将来的に再生可能な素材やリサイクルされた素材などを使って環境と経済を持続可能なものにする概念をサーキュラー・エコノミー(CE=循環経済)という。

TPP発効で重要性増す知財権 海外での事業展開に影響も

昨年12月30日にTPP11協定が発効。これに伴い、特許法を含む知的財産権(以下知財権)の改正も行われた。改正事項は「特許権の存続期間の延長制度の新設」「商標の不正使用に対する法的損害賠償制度の導入」。

遺伝子組換え表示基準 糖類、油は適用除外 米農務省が策定

【JETROビジネス短信】米国農務省(USDA)は昨年12月20日、全米バイオ工学食品情報開示基準(遺伝子組み換え食品表示基準)の最終規則を公表した。16年7月に連邦議会で可決された全米バイオ工学食品情報公開法に基づき、USDAの農産物マーケティング局(AMS)が基準案を18年5月4日に公示し、

HACCP対応へ準備活発 全国スーパー協など研修会

20年に予定されているHACCPの制度化に向け、業界関係者向けのセミナーが各地で盛んに行われている。食品産業センターが今月3日の栃木会場を皮切りに11月下旬まで全国5会場で開催を予定しているほか、全国スーパーマーケット協会も24日に東京・千代田区のベルサール九段で第1回セミナーを開催。

新JASマーク決定 「信頼の日本品質」アピール

農水省は19日、新たなJASマークを発表した。現行のJASマークは、平準化規格と有機JASなど特色のある4つの規格があったが、今回、特色のある規格のうち、有機JASを除く3つのJASマークを新たなJASマークに統合した。

人事

マックスバリュ東海 合併で新体制 社長に神尾氏

マックスバリュ東海(MV東海)とマックスバリュ中部(MV中部)は5日、合併後の新会社MV東海の組織体制を発表した。新社長には現MV東海の神尾啓治社長が、会長にはMV中部の鈴木芳知社長が就任する。9月1日付。

東海キヨスク 新社長に河原﨑宏之氏

東海キヨスクは6月27日開催の定時株主総会で、代表取締役社長に河原﨑宏之氏を選任した。河原﨑新社長は昭和52年、国鉄に入社。人事畑を中心にキャリアを重ね、関西支社長、静岡支社長を歴任。平成28年から3年間、東海道新幹線の車内販売やグリーン車におけるパーサー業務、

白子のり 原田常務が社長就任 新濱前社長は相談役へ

白子は3日、東京本社で前3月期の決算会見を開催し、6月27日開催の株主総会で原田勝裕取締役常務執行役員が社長に昇格したと発表した。新濱繁利前社長は7月1日付で相談役に就任した。

日東富士製粉 新社長に藤田取締役 下嶋氏は相談役に

日東富士製粉は20日開催の取締役会で、藤田佳久取締役の社長就任を決めた。6月27日付。下嶋正雄社長は退任し、相談役に就任する。

ケンミン食品 新代表に高村祐輝常務 創業70周年控え新体制に

ケンミン食品は5月17日開催の定時株主総会において、代表取締役社長の交代を決定した。新代表には高村祐輝常務取締役が昇格。高村一成社長は、代表取締役会長に就任した。

特集記事見出し

逆光線

需要増で「からくれなゐ」に?

古典落語に「千早振る」という噺がある。長屋の隠居が在原業平の「ちはやふる神代もきかず竜田川からくれなゐに水くくるとは」という短歌にいい加減な解釈を加える話で、隠居は「からくれなゐ(唐紅)」を「おからをくれない」と解した。