当サイトは「食品新聞」の抜粋版です。創業70年。関連業界から圧倒的に支持されている食品総合情報紙です。

kanmen

環境対応業

トップニュース

CVS 環境変化が追い風 上期、既存店は復調傾向

主要CVS6社の18年2月期第2四半期業績は、8月の天候不順もどうにか乗り切り、大手を中心におおむね順調な折り返しをみせた。昨年9月のファミリーマートとユニーグループHDの統合から、この上期で一巡。寡占化を強める上位3グループによる熾烈なシェア争いが展開されている。

特集記事

冷凍麺 盛り返し基調の市場 価格戦からの脱却なるか

今年の冷凍麺市場は堅調に推移している。冷凍麺は4~8月で容量ベースで前年同期比101~105%ほど、金額ベースでは101~103%弱ほど伸長したとみられる。昨年半ば頃までは水平飛行が続いていたが盛り返しの兆しが見えており、業界の期待も高まっている。

「ソイジョイ クリスピー」刷新 ブランド内の買い回り促進 大塚製薬

大塚製薬は9月12日からパッケージをリニューアルした「ソイジョイクリスピー」を順次出荷し、「ソイジョイ」本体とのシナジー効果を高めてブランド強化を図っていく。

食品新聞購読申込

食品懇話会・展示会・セミナー情報

「ソイジョイ クリスピー」刷新 ブランド内の買い回り促進 大塚製薬

大塚製薬は9月12日からパッケージをリニューアルした「ソイジョイクリスピー」を順次出荷し、「ソイジョイ」本体とのシナジー効果を高めてブランド強化を図っていく。

逆光線(コラム)

食品の用途特許

季節は秋。バレエシーズンである。昭和8年、蔵前の缶詰工場に生まれた佐々木忠治は、昭和39年に東京バレエ団を設立、昨年物故するまで、日本バレエ界に尽くした。著書「闘うバレエ」(文春文庫)を読むと、黎明期の日本バレエ界とその後の発展、バレエ興行におけるビジネスの苦労がよく分かる。
水産 不漁 スーパー 売るものがない

「売るものがない」

希望の党 危険な椅子

地位恋恋にNO

ピックアップ(CVS/GMS/SM等)

流通・飲食関連記事

イオン 賞味期限を年月表示に トップバリュ加工食品で

イオンはPBトップバリュの加工食品のうち、賞味期限が1年以上の商品を対象に、今後2年以内に賞味期限の表記を従来の「年月日」から「年月」に変更する。

飲料関連記事

味の素AGF 和菓子に合う「煎」 新企画でコラボ展開加速

味の素AGF社は「珈琲♡和菓子プロジェクト」の新施策として〈AGF 和菓子塾〉と〈AGF 「煎」WAGASHI―INNOVATION〉の2つを企画し、コーヒーの新たな魅力と和菓子の奥深さを発掘していく。

ハーベストフェス東京で 日本ワインの魅力発見提案 メルシャン

メルシャンは、「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル2017 in Tokyo」を6~8日に、東京・赤坂の東京ミッドタウンで開催した。「シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バル」(東京・六本木)でも同時開催、セミナーなどが開かれた。
- Advertisement -
- Advertisement -

食品新聞紙面サンプル

市況関連情報

LONG RUN ACCESS

食品新聞食品新聞・小売店新聞の
ご購読お申込みはこちらより

環境対応業(上)
環境対応業(上)

なぜ日本の消費財流通はメーカー・小売直結の
欧米型寡占構造にならなかったのか。
環境対応業(上・下)著者:横田弘毅

食品新聞社からのお知らせ